スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit / --.--.-- / Com: - / TrackBack: - / PageTop↑
吉川英治『新・平家物語(二)』
カテゴリ: 新・平家物語
新・平家物語(二) (吉川英治歴史時代文庫)新・平家物語(二) (吉川英治歴史時代文庫)
(1989/03/24)
吉川 英治

商品詳細を見る


(1)関連記事
 未検出

(2)評価(最低1点から最高5点までの5段階)
・読みやすさ 4点
・内容充実度 4点
・展開の早さ 5点

(3)一言コメント
 全16巻であるが、第2巻にして早くも保元の乱である。
 そういえば、「平家物語」って、「平家」の「物語」の割りに、主人公は源氏っぽい印象がある。いや、平家が悪者っぽいのか。
 この長編物語を読もうと思ったきっかけの大河ドラマ『平清盛』も、「ヒールに思われがちな平清盛の、人間としての成長を描く」みたいなことを言ってたような気がする。
 歴史の主人公はどうしても鎌倉幕府を開いた源氏が中心になりがちである。

(4)珠玉の一節
 この年、平家の嫡子重盛は二十二歳。かれのような親の子としても、時代の青年としても、良い子であったことに異論はない。けれど、清盛を悪くゆがめようがために、重盛がひとり忠孝両全の士で、道義、信愛に篤く、親まさりの良い子にされすぎたきらいは多分にある。
 この原因は、古典の諸本が、みな、平家滅亡後の鎌倉期に書かれた物であったということにほかならない。“歴史は勝者が敗者を書いた制裁の記録”であるという千古の原則によって、“清盛像”も描かれていたのである。

(5)ブログランキングへの投票をお願いします!




スポンサーサイト
Edit / 2013.03.03 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
中島みゆき『愛が好きですⅡ』
カテゴリ: 音楽
愛が好きです〈2〉 (新潮文庫)愛が好きです〈2〉 (新潮文庫)
(1993/10)
中島 みゆき

商品詳細を見る


(1)関連記事
 未検出

(2)評価(最低1点から最高5点までの5段階)
・読みやすさ    3点
・内容充実度    4点
・わずかなエッセイ 5点

(3)一言コメント
 文庫本で歌詞集が出るって、何だかすごくないか?

(4)珠玉の一節
 なんか、発表してしまった作品に、実はこういうことを書こうとしたんですが、とか後でクドクド解説するのって、やなんだもの。
 絵に例えてみるとね。例えば海を書いた絵を美術館に展示してから、その前に立って、観に来るお客さんにいちいち「いやー、実はここんとこに船も描くつもりだったんですけど」とか言うよりさ、描けばいいじゃん、船を。

(5)ブログランキングへの投票をお願いします!


Edit / 2013.02.25 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
森見登美彦『ペンギン・ハイウェイ』
カテゴリ: 小説
ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)
(2012/11/22)
森見 登美彦

商品詳細を見る


(1)関連記事
 未検出

(2)評価(最低1点から最高5点までの5段階)
・読みやすさ 4点
・内容充実度 4点
・せつなさ  5点

(3)一言コメント
 主人公である小学校4年生に合わせて、雰囲気が出ている文章が秀逸である。子供の文章を読んでいるわけではないのに、まるで自分が子供になったかのように物語に入っていくことができる。
 子供だからこその、淡い恋心がせつない。

(4)珠玉の一節
 彼女は夢中でチェス盤をにらんでいた。いつもは白い頬がその日だけは赤くなっていた。彼女はたれてくる栗色の髪をフッと吹いた。彼女はまるでチョコレートの詰め合わせをもらったチョコレート好きの女の子のように、チェス盤を今にも食べてしまいそうなほど見つめているのだ。

(5)ブログランキングへの投票をお願いします!


Edit / 2013.02.10 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』
カテゴリ: 小説
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
(2012/09/01)
森見 登美彦

商品詳細を見る


(1)関連記事
 「粋な提案」さん

(2)評価(最低1点から最高5点までの5段階)
・読みやすさ  4点
・内容充実度  4点
・待ち焦がれ度 5点

(3)一言コメント
 とある事情から読書、特に小説を読むことを中止して以降、再開したら一番に読みたいと思っていた作品。
 ついに読書を解禁したわけであるが、満を持して読んだ作品は、期待に違わぬ面白さでした。

(4)珠玉の一節
 恥を知れ。しかるのち死ね。

(5)ブログランキングへの投票をお願いします!


Edit / 2013.01.15 / Comment: 0 / TrackBack: 1 / PageTop↑
吉川英治『新・平家物語(一)』
カテゴリ: 新・平家物語
新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)
(1989/03/24)
吉川 英治

商品詳細を見る


(1)関連記事
 未検出

(2)評価(最低1点から最高5点までの5段階)
・読みやすさ 5点
・内容充実度 3点
・歴史復習度 5点

(3)一言コメント
 大河ドラマ「平清盛」は、史上最低の視聴率だとか言われたが、私としては近年稀に見る良作で、久しぶりに大河ドラマを完走(もちろん、都合で見られないことは何回かあったけど)したのである。
 低視聴率で肩を落としているかもしれないNHKさんに敬意を表して、平家物語の古典的名作を読んでみることにした。
 だが、この作品、あまりに長いので、こっちは完走できるだろうか?

(4)珠玉の一節
 くびられていた手頚の動脈が、突然、血を放たれて、どっと体じゅうに奔流した。清盛は、こめかみに筋を見せて、泣き出した。赤子のように、手放しで、泣き出した。

(5)ブログランキングへの投票をお願いします!


Edit / 2013.01.13 / Comment: 0 / TrackBack: 0 / PageTop↑
リンク
プロフィール

Author:HIP代表・盗賊
記事の項目について
(1)関連記事
 紹介する本について、主に「北海道独立計画」で触れた記事、直接触れていなくても参考文献として使用した記事を紹介しています。
 今後、トラックバックに成功した記事についても掲載する予定です。

(2)評価
 最低1点から最高5点までの5段階で評価しています。
 評価項目については「読みやすさ」と「内容充実度」は固定、もう一つの項目は本によって独自の項目を設けています。
 最後の独自項目については評価が5点になるような項目を作ろうと思っています。

(3)一言コメント
 短文が苦手な私・盗賊が、ヘタクソなコメントを付けています。

(4)珠玉の一節
 その本の中でいい意味でも悪い意味でも印象に残った一節を紹介します。「珠玉」が皮肉なのか賞賛なのかはその本を読んでご判断ください。

(5)ブログランキングへの投票をお願いします!
 FC2のブログランキングに参加しています。目指せジャンル別ベスト3!に向けて、ご協力願います。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。